インターンシップ最終日

いよいよ最終日、本日も現場見学が主体です。最初に向かったのは柿木村にある「イワミ精機」、林業用機材等について社長さんから説明を受けました。

 

次に向かったのは清流高津川の水源地、隣接する水源会館にも入って高津川が出来た歴史「河川争奪」の仕組みや林業に使われていた道具類の展示を見ました。

 

途中、国道近くの伐採現場など見ながら津和野町へ向かいました。

 

最初は「津和野林産」を訪問し、渡邊さんから苗木生産について説明を受けました。ここではスギのコンテナ苗とコウヨウザンの実生苗木の生産を新たに始めておられ、いろいろな課題等も含めて学習することができました。

 

続いて津和野町役場農林課を訪問、ここでは航空レーザー測量の成果を活用した森林情報の管理方法等に詳しく教えていただきました。

 

次に行ったのは高津川森林組合の日原製材所、斎藤工場長さんに丸太から製材品が出来上がるまでの工程等について詳しく説明していただきました。

 

最後の訪問先は高津川森林組合、原総務課長さんと桐田技術員さんから組合の概要や森林の管理手法等に説明を受けました。以上で5日間のプログラム終了、最後に篠原社長に成果報告をしてインターンシップを終えました。

 

Sさん、少しバタバタして気忙しい5日間でしたが、嫌な顔一つせず、いつも前向きに行動してくれてありがとう!今回のインターンシップをこの先の人生において何かの参考にしていただければ幸せです。by青ちゃん