またも日本初上陸(後編)

いよいよ現場に搬入、吉賀町にあるD班の伐採現場です。

 

田中班長はじめ4人とも興味津々、オペレーターはカズキ(26歳)です。フィリップから英語で指導を受けながら、手ぶり素振りで見事に意思疎通を図るカズキ、見ていてとても頼もしいデス。

 

運転席の様子、採材寸法の調整等はタッチパネルです。

 

トレーニング開始、チョットぎこちないけど直ぐに慣れます。

トレーニング終了、フィリップを囲んで記念撮影です。もうすっかりお友達です。

1週間後のカズキのオペレーション、見事ですね。

このハーベスタ、前回導入したwoody50に比べてコンパクトで軽量なので操作もしやすいようです。田中班長は後日、スェーデンのElmia(林業機械展)に行き、その際SP社を訪問して工場見学と技術者との意見交換をしています。そのお話はまた後日のお楽しみ。by青ちゃん