インターンシップ 3日目

いよいよ中日の3日目に入りました。最初のメニューは、伐採作業に必要な機材と安全対策装備品について専門店での見学です。チェンソーはもちろん、ヘルメットやチャップス、スパイク付き長靴など一式揃えるとかなりの金額になることに驚き。でも、伸共木材協同組合では、チェンソー、ヘルメット、チャップス、長靴、クーリングジャケット、エピペン、蜂スプレー、クマスプレーなどは全て支給品です。

    

続いて、吉賀町役場を訪問。産業課のH補佐に吉賀町における定住促進に関する施策について説明を受けました。菌床しいたけ栽培と有機栽培農業を組み合わせて新規就業者を支援したり、保育料や給食費、医療費無料などの子育て支援対策によりUIターン者が増えているそうです。

次はB班の伐採現場で高性能林業機械の実演見学です。ここでは、1本のスギの造材にかかる時間を、チェンソーとハーベスタでどれくらい差があるのかを実演してもらいました。チェンソー・ハーベスタともに、操作するのは副班長の青木さんです。

手作業(チェンソーによる造材)

 

かかった時間は約5分

高性能林業機械(ハーベスタ:woody50)

かかった時間は約1分 さすがは高性能林業機械です。その性能を生かすも殺すも使い方ひとつ。稼働時間を如何にして伸ばすか。by青ちゃん