インターンシップ鳥取大学生 最終日

いよいよ今日は最終日、日原にある高津川森林組合の製材所の見学をして、柿木村にあるイワミ精機さんを訪問、チェンソーなどの林業用機械に関して社長さんから詳しく説明を受けました。

 

次に行ったのは清流日本一に6回も選ばれた「高津川」の水源地と水源会館です。ここも伸共インターンシップ恒例の地です。河川争奪という高津川の歴史と昔使われていた林業用機材などを見学しました。

 

最後となる現場は吉賀町にあるE班の現場です。大平班長から説明を受けた後、オーストリア製のハーベスタwoody50の実演を見せてもらいました。

 

初めて見るハーベスタの動きに驚きを隠せない様子、寺井君からは集材機の操作方法を聞いていましたが、なかなか理解できない様子です。

 

お昼は山賊焼きと山賊おにぎり、ガッツリいただきました。午後は津和野町へ向かい、林業用の苗畑を見学した後、津和野町役場を訪問して、航空レーザー測量によるデータ(赤色立体図等)を活用した森林経営の手法等に関する説明を受けました。

 

インターンシップ最後の体験は「筋トレ」。伸共コミュニケーションジムに立ち寄って一汗かきました。

 

あっという間の5日間でした。Sさんはとても穏やかな感じの好青年でした。これからもいろんな経験を重ねながら自分に合った職業を決めていってください。一応、伸共も選択肢の一つに残しておいてください(笑)by青ちゃん