インターンシップ鳥取大学生 2日目

2日目は原木市場の見学からスタートです。益田市須子町にある島根県森林組合連合会益田共販所を訪ね、素材の流通や価格等について学習しました。ちょうど伸和産業の伐採現場から原木を運こぶトラックが入ってきました。

 

次に匹見町道川にある伸和産業社有林の伐採現場の見学です。作業員さんとの会話も必ずメモを取るSさんです。この日はふるさと島根定住財団石見事務所のスタッフの方が2名、インターンシップの取材ということで同行されました。

 

ここも伸共インターンシップでは恒例となっている匹見上公民館、「索道」の模型や匹見林業の歴史展示などを見学しました。

 

午後は匹見町道川にある伐採現場、E班の尾木真澄が丁寧に現場作業の説明をしてくれました。Sさんはグラップルソーの操作についても興味津々。

 

ちょうど原木トラックが積み込みに来ていて、運転手のHさんからも有意義なお話を聞くことが出来ました。

 

ふるさと定住財団(ジョブカフェしまね)に企業登録をして2年前から始めたインターンシップですが、今回初めて財団スタッフの方と現場で意見交換をすることができとても良かったと思っています。by青ちゃん