インターンシップ(島根県立農林大学生)

昨年から始めた県立農林大学生のインターンシップ、今年も1人の学生Kさんが来てくれました。Kさんは昨年も1年生の現地研修会で当組合の伐採現場を見学していて、そのこともあって今回希望されたそうです。期間は2週間で、主にD班の現場で体験をしてもらいました。写真は寺井副班長から集材機運転について説明を受けている様子と農林大学校の藤原教授が来られた時のものです。

 

期間中に職場体験に来た横田中学校の二人からも質問を受けて、大平班長と二人で対応してもらいました。

 

この写真は恒例となっている社員との懇親会の様子です。

 

この春入社した先輩の康一君とは特に会話が弾んでいました。

 

最後に社長と専務にお礼を言って2週間のインターンシップを無事に終えることができました。

 

Kさん、お疲れさまでした。今回の体験が将来の職業選択にお役に立てればありがたいです。あと半年、残りの学業に専念して、知識と技術に磨きをかけてください。by青ちゃん