コミュニケーション・ジム完成!

昨年来、社員アンケートの要望に出ていた「スポーツジム」が遂に完成しました。伸共木材協同組合の若き樵たちの仕事は山林での木材の伐採・搬出作業で体力が必要です。普段から有料のスポーツジムに通って体力・筋力を鍛えている人も5~6人います。今回は篠原社長の英断により、放置されていた社有の古い建物を改装してジムとして整備することが決定されました。

工事前の古い建物。

 

伸共木材協同組合の有志によって自力で内部の掃除をしました。

 

そして、11月から改装工事が始まりました。

 

そして1月、遂に完成です。

 

内部もこのとおり、素晴らしい!

 

運動機材は「島根県緑の担い手育成基金」の助成事業を活用させていただき、現在注文を終えて配達を待っている状態です。この補助事業の目的は、若手社員の定着化を促進することが主となっています。このジムの活用により若手社員の定着はもちろん、コミュニケーションと体力・筋力の向上は間違いなしデス! 早速今年4月には島根大学と島根県農林大学校の新卒のお二人が入社予定となっています。実践あるのみ! by青ちゃん