チェンソー作業

先日、青ちゃんはA班の伐採作業に初めて同行させていただきました。

目的は、チェンソーの操作時間を測定するためです。

チェンソーの操作時間は振動障害を防ぐため、1日の操作時間は2時間以下、連続操作時間は長くとも10分以内と定められています。

この日は、伸共木材協同組合では初めての試みとして、ストップウォッチで1日の操作時間を測定しました。

測定結果については月例会議で報告し、これからのチェンソー操作で少しでも振動ばく露量を少なくしていく取り組みを進めていくことにしています。

20161202_072921  20161202_073134

朝 7時10分 現場到着                 作業道を歩いて作業現場へ

20161202_073749  20161202_073940

伐採担当はTさん(36歳)とYさん(44歳) まずは作業内容の打ち合わせから

20161202_090032      20161202_085838  20161202_101126

二人は息を合わせながら次々と伐倒していきます         チェンソーの目立て

20161202_101318    20161202_113545

目立てはとても大切な作業です          奥さんの手作り弁当、おいしそうですね

20161202_112306  20161202_131051

現場はスギの人工林ですが、点々と広葉樹の大木もあります

20161202_141210  20161202_131521

スギの切株、「ツル」がちゃんと効いています

20161202_154141  20161202_155646

A班のチームメイトです、みなさんとてもイイ顔     1日の作業を終えて山を下ります

伐採作業の動画は、後日の投稿にご期待ください。  by青ちゃん