リスクアセスメント

今日はB班が新しい現場に入る前のリスクアセスメントが行われました。

先日の下見の結果から各自が発生しそうなリスクを見積り評価し、それぞれの対応策について全員で話し合いをして安全作業の確認をしました。

 

まずは想定リスクの見積もりと評価    その後、S専務、S総務部長を交え安全作業の徹底を確認

想定リスクとしては、急な斜面での伐採時に足を滑らせて滑落、ツルが巻き付いた木を伐採して後ろの木が倒れて体に当たる、掛り木が当たる、クマに出会う等々。

考えられる対応策を全員で確認し合い、安全作業の意識を高めることが出来ました。

また、伸和産業㈱と伸共木材協同組合は今月の22日に第1回目となる「林業労働安全大会」を開催し、益田労働基準監督署の専門官による「労働安全講話」と、労働安全コンサルタントによる「危険予知訓練(KYT)」研修会を行う予定です。

B班の皆様 今日も1日ご安全に! by青ちゃん