中学生の職場体験スタート

昨年から始めた中学生の職場体験、今年も継続です。第1弾は私の母校、中西中学校の生徒さんです。その名はA君、なんと、昨年初めて受け入れをしたA君の弟さんでした。兄弟そろって体験職場に選んでもらい、誠にありがとうございました。

3日間の初日はオリエンテーションの後、本社工場で製紙用チップの製造工程を見学。

 

次に木質バイオマス発電所に供給する燃料用チップの製造工場を見学、塩安工場長の指導の下、グラップルソーの試乗体験をしました。

 

次は匹見町道川にある社有林の大面積伐採の現場を見学、伐採されたマツの木の年輪を数えてみましたところ68年生でした。

 

次も道川にあるA班とC班の伐採現場です。初めてチェンソーを握ってみましたが、「重い・・・」

 

最後は匹見上公民館に立ち寄り、大正から昭和初期に活躍していた「索道」の模型や匹見町における林業の歴史、「森の器」などを見学しました。

 

2年連続で青ちゃんの母校から来てくれたA君兄弟、これも何かの縁かも・・・・。by青ちゃん