入山のお祭り

新しい山の伐採に入る時、そこの山の神を崇め、安全作業を祈願するお祭りをしてもらうことがあります。

先日は伸和産業の請負班の現場の安全祈願祭に同行してきました。

山本      祝詞1

お参りをするY班長さん  地元神社の宮司さんに念入りなお祭りをしていただきました。

玉ぐし

これで安心、Y班長さん安全第一でよろしくお願いいたします。

お祭りをしていただいたお神酒は現場の木々に振舞われました。 by青ちゃん

「ウキペディア」より

日本の林業においては、オオヤマツミが林業神としての山の神として崇められている。かつての式や決め事としては山の神の祭日には入山を忌み、伐採を始める前には木を1本切り倒して伐り株に酒や塩を供え、山の神に無事を祈る。時代や場所にもよるが、伐採を「サキヤマ」、祈りの式を「ヤマハジメ」という。