合同就職面接会

8月12日、松江市のくにびきメッセで開催された「合同就職面接会」に篠原専務と二人で参加してきました。参加企業は120社、うち林業は当組合1社のみでした。

 

一番乗りで会場入りし、ブース設定を終えて説明画像の確認をする篠原専務。

 

夏休み中とあって多くの学生さんたちが来場していましたが、一体何人の方がこのブースに来てくれるのか?一抹の不安が過ぎります。

 

25分間の面接タイムを5ラウンド、なんと1回目で一人の女性に来ていただきました。大学で林業を学んでいる4年生の学生さんです。専務の顔にも安堵と喜びの表情が見て取れます・・・。

 

続く2回目に男子学生1名、3回目に女子学生3名と合計で5名の学生さんに、伸共木材協同組合の組織や仕事内容について説明をさせていただくことができました。架線集材による木材生産の写真や動画を見てもらいながら、そこで働いている若い人の働きぶりなども交えて説明する篠原専務は終始笑顔が絶えませんした。この先、伸共木材協同組合の素材生産の現場で、チェンソーや高性能林業機械を操作して働く女性の姿を想像するとワクワクしてくるのは私だけでしょうか?  by青ちゃん