大学等と企業の情報交換会

8月1日、松江市で開催された「大学等と企業の情報交換会」に山太郎くん(奈良県出身:島根大学卒:今年4月入社)と二人で参加してきました。参加企業数134に対し、参加大学は41校。第一部は企業ブースに大学側が訪問するもので、10分間8クルーで行われました。134企業中唯一の「林業事業体」として参加したのですが、やはり現実は厳しく、我がブースには1校も来てもらえませんでした。

 

第二部は大学ブースに企業が訪問するもので、6分間15クルーで行われました。各大学ブースの予約表に記載してからの訪問となるため早い者勝ちです。一応二人で作戦をたてて、島根大学、島根県立大学、鳥取環境大学、日本大学、鳥取短期大学を訪問することが出来ました。

 

第三部は80名以上が参加しての交流会、ここでも他の大学や企業、県職員、ジョブカフェしまねの人たちと有意義な時間を過ごすことが出来ました。山太郎くんも県商工労働部の田中参事から激励を受けるなど、楽しいひと時となったようです。田中参事さんは益田市出身で私も現職時代一緒に仕事をしたことがありとても懐かしくお話させていただきました。

 

終わってみて思ったのは、やはり134の一般企業の中で「林業」というフレーズが大学関係者にどう受け止められているのか?学生に将来の職業の選択肢として「林業」を伝えてもらうことが出来るのか?優秀な人材を他の企業と競争しながら獲得していくためには何が必要なのか?と現実の厳しさを痛感させられた会でした。しかし、逆に、よしやってやろう!という気持ちがふつふつと湧いてきたことも事実です。出来ることからまず行動!前に進むしかありません・・・。by青ちゃん