能力評価制度5年目スタート

伸共木材協同組合は林業会社としてはまだあまり取り組まれていない「能力評価制度」を平成26年度から導入して社員の育成に取り組んでいます。昨年度からは個人面談を年1回から2回に増やして制度の充実を図っており、その成果は組織力と生産性の向上に着実に表れてきています。

今日から朝の時間を使って班ごとに今年度の目標設定に関する個人面談が始まりました。

先ずはC班からスタートです。

 

 

今年度から5班体制が本格スタート、設定目標を更にレベルアップして1年間の挑戦が始まりました。

頑張れ、若き勇者たち! by青ちゃん