西益田小学校のチップ工場見学

去る10月18日、地元の西益田小学校5年生40人の皆さんんが伸和産業のチップ工場(製紙用チップ)の見学に来られました。塩安工場長以下職員4名総動員で対応させていただきました。

 

この企画はNPO法人コアラッチさんが、みーもスクールの一環で「島根の木についての森林学習」として実施されたものです。

 

チップ製造の行程をゆっくりと見学してもらい、木材の利用方法の一つとして多少はイメージしてもらえたと思います。見学後の質問タイムでは回答者が頭をひねるような疑問も出て、なかなか有意義な時間となりました。

 

見学後、生徒さんが後日木工作の授業で使われる丸太の輪切りを職員がつくり、小学校に持参しました。

 

毎年行われているこの行事ですが、受け入れ側の対応にも少しづつ変化が見られ内容が充実してきています。工場長のアイデアのさらなる進化を期待したいと思います。(笑)by青ちゃん