道川のサクラ

昨日の日曜日、私が孫と花見を楽しんだ匹見町道川に咲いているサクラの木を紹介します。

  

このサクラは平成12年に地元「日の里」の皆さんと立ち上げた「遊木民倶楽部」(ゆうぼくみんくらぶ)のメンバーによって「遊木の太陽」という名前が付けられています。同倶楽部では毎年4月に益田市や広島市から多くの皆さんを招いて「遊木春の恵み市」と称してサクラの下で山菜のてんぷらを食べながら花見を楽しんでいました。その活動は今は途絶えてしまいましたが、「遊木の太陽」は今も元気にきれいな花を咲かせ続けています。

  

「遊木民倶楽部」の当時のHPが残っていましたので、興味のある人はご覧ください。

http://www.yuboku.net/ (現在は活動していません)

皆さんも是非一度このサクラを見に行ってください。by青ちゃん