高校生と農林大学校生・林業事業体との集い

島根県では、島根県内の高校生やその保護者に対し、林業への就業に対する認知度を高めてもらうとともに、今後の進路として、農林大学校林業科への進学と、その後の県内林業事業体への就職を選択肢に加えてもらうよう働きかけるため、県内4会場で「高校生と農林大学校生・林業事業体との集い」を開催しており、7月28日には益田会場で開催されました。

 

林業事業体は管内から6社が参加しました。高校生の参加が少なかったのが少し残念でしたが、初めての試みだったので仕方ありません・・・今回はキックオフ、反省を繰り返しながら継続していく事が大切です。

  

農林大学生の皆さんとも有意義な時間を過ごすことが出来ました。今回参加してくれた農林大学生の皆さんはいずれも県西部での就職を考えてくれているそうです。

   

農林大学校林業科の定員10人は令和2年度から20人に倍増されます。この機会をビッグチャンスとして捉え、「林業」という職業に一人でも多くの学生が関心を深めてもらえるよう、気を引き締めて募集活動に力を入れていきたいと思います。by青ちゃん