WyssenPJレポート1

今回からWyssenプロジェクトの現場情報を随時レポートしていきます。初回は主索ラインの測量です。図上で主索の計画を立て、実際に現地で測量をして支柱の位置などを確認していきます。約1,000mの山林測量、角度を決めて線通りを伐開しながら進みます。

 

トランシットを操作するのはもちろん田村隊長、今日も張り切ってます。伐採現場における測量では普通はコンパス測量など簡易な手法を使いますが、今回は日本初の試みということで念には念を押して光波測量としました。

  

私も同行しましたが、山の中を一直線に進んでいくということは大変な事です・・・山あり谷あり崖あり藪あり・・でも足腰の鍛錬にはとても役に立ちます。by青ちゃん